民泊について思うこと

今年の6/15日からの民泊の法令により、

様々な混乱も生じていますね。

民泊は本来は、家主が余っているお部屋をお安く提供して

ゲストを泊め,日本の文化をより知っていただき交流するというのが、

趣旨だと思います。

民泊 Wikipedia

一般的には「住宅(戸建住宅共同住宅等)」の全部又は一部を活用して宿泊サービスを提供することを指している[16]。このうち、住宅を活用した宿泊施設を、「宿泊料[注釈 1]を徴収し、反復継続して提供」する場合は旅館業法の適用を受け、簡易宿所営業の許可が必要となる[注釈 2][19]。宿泊者数が10人未満の施設の場合は、客室延床面積が1人辺り3.3平方メートル以上の基準(10人以上の場合は合計で33平方メートル以上)を満たしていれば営業許可が受けられ、玄関帳場(フロント)の設置も必要ない(ただし条例で規制も可能)[20]。この他、旅館業法が適用されない民泊として、国家戦略特区の認定を受けた区域で、政令で定められた大枠の範囲内(最低宿泊日数が3日以上など)で、各自治体の条例によって弾力的に規定される「特区民泊」[21]、年1回(数日程度)のイベント開催時に、自治体等の要請により自宅を活用した宿泊サービスの提供を可能とする「イベント民泊」[22]、ボランティア活動の無償民泊「ボランティア民泊」がある。

また、農林漁業体験を目的とした「農林漁業体験民宿業」で個人や家族経営体が運営する場合は、簡易宿所の客室延床面積の基準が適用除外となる[23]。なお、(外国人の場合も含め)知人・友人を家に無料で宿泊させた、農林漁業体験で体験指導の対価のみを受け取るなど、宿泊料を受け取らない場合は、法令の適用対象とはならない[24][25]

いろいろな規制もあり、障害もありますが、

旅館業も緩和の方向も示しています。

来年春には、旅館業もっと緩和になりまそうです。

平成30年の建築基準法について

FlowerRoseとしてもトレーラーハウスのプチホテルを

作っていきたいと考えております。

ご興味ある方はお問い合わせください。

お問い合わせ

 

 

 

投稿者: hotelflowerrose

旅館業法許可コンサルティングでプチ旅館・プチホテル作っています!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。